土星の北極に「バラ状」ハリケーンが観測される!!サイズは直径2000kmで風速150m!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、土星探査機「カッシーニ」が撮影した画像から、土星の北極で渦巻く巨大なハリケーンの着色合成イメージを作成しました。

Sponsored Links

公開された画像では、ハリケーンは緑の葉に囲まれた赤いバラの花のように見えます。

NASAによると、ハリケーンの目は直径約2000kmで、地球の平均的なサイズに比べると20倍の大きさ。巨大な六角形の渦状構造の中に存在し、外縁の雲は秒速150mのスピードだといいます。

あまりに規模が大きすぎてピンときませんね。

source
source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)