プロペラで離着陸ができる!?空飛ぶ自動車「TF-X」がヘリコプターのような離着陸を視野に開発へ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

空飛ぶ自動車といえばSFではおなじみだが、時間旅行と同じくらい現実離れしたコンセプトでした。アメリカ・マサチューセッツ州に本社を置くテラフギア社は、それを現実のものにしようとしています。

Sponsored Links

テラフギアは5日、垂直離着陸できる自動車「TF-X」の開発に向けた予備調査に着手したと発表しました。TF-Xは、4人乗りのプラグインハイブリッド車になる予定だといいます。

カール・ディートリック最高経営者(CEO)は「わが社は空飛ぶ自動車産業の創設をリードし続けることに強い意欲をもっている」と言及。「TF-Xは新次元の個人の自由を世界に提供する」と意気込みを見せます。

同社はすでに「トランジション」という、空陸両用の乗り物を開発。トランジションは空港から離着陸するよう設計された飛行機ですが、翼を折りたたんで道路を走ることもできます。2009年に初飛行に成功し、昨年には第2世代のデモ走行や飛行を行いました。2015年に発売予定で、価格は27万9000ドル(約2800万円)。すでに約100機の予約が入っているといいます。

トランジションとTF-Xの大きな違いは、滑走路がなくてもヘリコプターのように離発着できる点。離発着は自動操縦で行うこともでき、ドライバーが自ら操縦することもできます。

テラフギアによれば、同社はすでに米連邦航空局(FAA)とTF-Xに関する意見交換を行いました。FAAは「公益の観点から革新的技術と規制面での対応について検討することに前向きな姿勢を示した」といいます。

TF-Xは、トランジションと同様に飛行機用のパイロット免許と自動車免許が必要ですが、連続飛行で800kmの距離を移動できるといいます。

トランジションやTF-Xといった空飛ぶ自動車が普及すれば、ネックとなっている価格も下がるかもしれませんね。一般庶民が大空を飛びまわるのも、それほど遠い未来ではないのかもしれません。

source
source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 乗り物, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)