記憶のコピーが可能になる!?記憶が保存されたマイクロチップを脳に埋め込むことで記憶を保つ技術を開発中!!2年後には人間に移植へ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカの研究者グループは、損傷によって失われた記憶を補うため、脳に記憶を記録したマイクロチップを埋め込む技術を開発しています。2年後には、人間を使って実際に移植を行う予定だといいます。

Sponsored Links

この技術を開発しているのは、南カリフォルニア大学、ウェイクフォレスト大学などからなる研究者グループ。研究者らは、脳の中でも記憶をつかさどる「海馬」にマイクロチップを埋め込むことで、チップ内に保存されている記録を人間の記憶として利用することを目指しています。

これまでにサルとネズミを使った実験で、シリコン製チップを脳に埋め込み電気信号を脳に送ることで、脳は電気信号を受け取れることを証明しています。

研究グループは、これらの技術を応用して患者の記憶を5年~10年分はマイクロチップに保存できるとしています。一方で研究者らは、この記憶を記録する技術がそれほど早い段階で実現できるとは考えていないといいます。

南カリフォルニア大学のテッド・ベルガー博士は「私が生きているうちにこの技術が完成するとは思っていません。私たちが便益を受けることはないかもしれませんが、子供たちの世代では実現できるでしょう」と語ります。

研究者らは、短期記憶と長期記憶をつかさどる海馬に注目。将来的には、マイクロチップと脳を結合し、電気信号によってニューロンから送られる情報を受け取り、記憶のコピーができるようにしたいといいます。

ウェイクフォレスト大学のロブ・ハンプソン博士は「私たちは海馬内の信号を援助・強化したい。さらに研究を進められれば、信号の入力・出力を可能とし、海馬を経由して海馬の機能を置き換えることもできると考えている」といいます。

この技術が実用化されれば、脳卒中やケガによって脳を損傷して記憶を失っても、保存した記憶を脳にダウンロードすることで患者を助けることができます。またアルツハイマー病などを治療することができるかもしれません。

古来から人間は、言い伝えや紙を使って記憶の外部化をしてきました。そのため将来的には、パソコンのバックアップをするように、自分の記憶をマイクロチップにコピーしていても全く不思議ではありません。ただそのときまでには、「人間のアイデンティティーをどのように定義するか」について十分に議論を深めておく必要がありそうです。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)