人魚はやっぱり存在した!!生物学者が深海を探査中に水かきのある手を持つ生き物に襲われる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2013年3月6日、生物学者のトルステン・シュミット博士とポール・ロバートソン博士は、グリーンランド海の深海探査中に人魚に襲われました。水かきのある手を持つ謎の生物に襲われるその決定的瞬間をご覧ください。

Sponsored Links

※追記あり

今回の「人魚を見た」という主張は、動物関連ドキュメンタリーチャンネル「アニマルプラネット」で行われました。その主張を証明するために、シュミット博士らは撮影した映像を公開しました。

映像には、真っ暗な深海で調査潜水艦に謎の生物が激突する様子が映し出されています。謎の生き物は水かきのある手でガラスを叩いており、上半身は人間のような姿、下半身は魚のような尾ひれをもっており、伝説に登場する人魚そっくりな姿をしています。

CGっぽくも見えますが、果たしてこの生き物は何だったのでしょうか。イルカやクジラといった水性哺乳類がいることを考えれば、人魚が存在することを否定できないかもしれませんね。

もしかすると、人間から進化した生き物?

※追記:この映像は「アニマルプラネット」が仕掛けたモキュメンタリー(フェイクドキュメンタリー)であることが公表されました。学者という人物は俳優で、司会者も仕掛け人だったとのこと。

製作側によると「人魚に対する興味を引き立てる」ために製作したとのことで、水性ヒューマノイドに関する証拠はこれまでに見つかっていないといいます。

一方で、この映像はネット上でも大きな話題となり「アニマルプラネット」のオンラインビデオの中で過去最高の再生数を記録しました。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)