NASAが火星移住へ向けての本格実験開始!!今後20年で実現可能と予測!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、火星への有人探査ミッションについて、今後20年­以内に実現可能という見方を示し火星生活へ向けての本格的なシミュレーションを行っています。

Sponsored Links

NASAはこのほど、火星移住実験の参加者を募集し、700名以上の応募者から宇宙研究員、­生物学者、地質学者、材料工学研究者、ロボット研究者、ジャーナリストの計6名を選出しました。この6名は今年3月から4ヶ月間、ハワイ州のマウナ・ロア山にある研究基地で、火­星での生活をシミュレートして過ごします。

メンバーは、電気や食料などが制限されたキャン­プの中で寝食を共にします。また、屋外で探査などの活動をする場合は、必ずデモ用の宇宙­服を着用しなければなりません。地球から火星までの航行時間は約1年ということもあり、­長旅を共にするのに一番ふさわしいペットロボットについても実験を行っています。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 生活, 科学 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)