ブラジルで行われたコンドーム使用を促すキャンペーン「売春婦で幸せ」が批判殺到で中止に!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ブラジル保健省が売春婦にコンドーム使用を促すキャンペーンをインターネット上で始めたところ、保守系議員から批判を受けて5日に中止に追い込まれました。

Sponsored Links

「売春婦で幸せ」がスローガンの同キャンペーンは、売春婦にコンドームの使用を促すほか、性感染症の治療を受けることを奨励するもので、先週末から同省のウェブサイトなどで行われていました。

これに対し、キリスト教福音派の議員らから批判が続出。ある議員は「児童買春の撲滅に努めている中、このキャンペーンは逆にそれを奨励するものだ」と怒りをあらわにしました。

来年のサンパウロ州知事選への出馬がささやかれているパジリャ保健相は4日遅くにツイッターで、キャンペーンは自分の許可なく行われたと釈明。キャンペーン取り下げも批判を受ける前に決定されたとしています。

source

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 事件・事故, 国際, 政治・法律, 文化 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)