テキサスの銀行家が「フェルマーの最終定理」より難しい数学問題「ビール予想」の解決への賞金を100万ドル(約1億円)に引き上げ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・テキサス州の銀行家が、1980年代より数学者たちが取り組んできた難問の解決に与えられる賞金を100万ドル(約1億円)に引き上げました。どうやら億万長者になるチャンスがやってきたようです。

Sponsored Links

アメリカ・ロードアイランド州プロビデンスの米国数学会は、火曜日、「ビール予想」を解いた者に賞金として100万ドルが与えられると発表しました。

ダラスの銀行家D・アンドリュー・ビール氏は1997年、報奨金5000ドル(約50万円)でビール賞を設立しました。以来、金額は膨らむ一方。

米国数学会の広報担当者マイケル・ブリーンは、これは関連するフェルマーの最終定理より難しいと述べています。

ビール氏は独学の数学者で、若い人々に数学と科学の研究を促したいと述べています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 教育, 文化, 科学, 経営・経済 タグ: , , , , パーマリンク

テキサスの銀行家が「フェルマーの最終定理」より難しい数学問題「ビール予想」の解決への賞金を100万ドル(約1億円)に引き上げ!! への1件のフィードバック

  1. 名無しさん のコメント:

    解かれたようですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)