カメラもセンサーも必要なし!!動きで発生するWi-Fi信号の揺らぎを読み取ることでジェスチャー操作を可能にするインターフェースシステム「WiSee」がスゴすぎる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカのワシントン大学の研究チームは、ジェスチャーを読み取ることでコンピュータを操作するインターフェースシステム「WiSee」を開発しました。このシステムは、カメラやセンサーを使わず、動きで発生するWi-Fi信号の揺らぎを読み取ることで動作します。

Sponsored Links

通常、ジェスチャーを読み取る際にはセンサーやカメラによって対象者の動きを感知し、コンピュータに反映する必要があります。ところがこのジェスチャーインターフェースシステム「WiSee」は、センサーもカメラも使わずユーザーの動きを読み取ります。

この動きを読み取る秘密は、部屋に充満するWi-Fi信号の揺らぎ。動きによって発生するWi-Fi信号の揺らぎをパターン化することで、揺らぎから動作を特定。その動作に合わせてコンピュータに命令を与えることで、ジェスチャーインターフェースを実現しています。

このシステムでは、Wi-Fi信号の揺らぎに反応するため、センサーやカメラの視野が届かない部屋のさまざまな場所で動作可能。操作できる電化製品は、音楽プレーヤー、テレビ、コンピュータ、冷暖房器具、照明器具と多種多様です。

開発者によると、オフィス環境と2つのベッドルームがあるアパート環境の両方で実験したところ、「WiSee」の動作特定正解率は94%。また9つのジェスチャーを感知しました。これは、現在使われているさまざまな無線タイプのコントローラと競合できるほどの精度を実現しています。

現時点では、「WiSee」の商業化は計画されていませんが、研究チームはさらに優れたジェスチャーインターフェースシステムを開発できるとしています。

このシステムなら、カメラやセンサーを新たに設置する必要がないため導入コストを下げることもできそうですね。Wi-Fi信号の揺らぎを利用した画期的で斬新なジェスチャーインターフェースシステム「WiSee」でした。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)