2011年世界ヒゲ選手権のエントリー選手


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

5月15日にノルウェー・トロンハイムで行われた「2011年 世界ヒゲ選手権」の結果が発表されました。
このイベントは1990年の開催から始まり1995年からは毎年行われているヒゲ好きなら誰でも知っている世界選手権です。
今年も15カ国のヒゲクラブから150人の選手がエントリーし「自然ヒゲ部門」「ダリヒゲ部門」「フリースタイル」など17部門に分かれて競われました。


総合優勝したElmar Weisser選手(ドイツ)顔全体フリースタイル部門でも1位を獲得

Sponsored Links


顔全体フリースタイル部門のための最終調整を妻から受けているHans Peter 選手


大会の準備に余念がないGerhard Knapp選手


Karl-Heinze Hille選手(ドイツ)顔一部帝国部門で優勝


Bill Mitchell選手(アメリカ)もみあげ部門で優勝


Wolfgang Schneider 選手(ドイツ)自然口ヒゲ部門で優勝


Dusan Lalos選手(ドイツ)顔一部自然口ヒゲ部門で優勝


Jurgen Draheim選手(ドイツ)はMusketeer(マスケット銃士)部門で優勝


Rooty Lundvall選手(アメリカ)顔全体自然ヒゲ部門優勝


Dieter Besuch選手(ドイツ)顔一部フリースタイル部門で優勝


Burke Kenny選手(アメリカ)顔全体自然口ヒゲ部門優勝


Lutz Giese 選手(ドイツ)顔一部中国風ヒゲ部門優勝

また今回のコンテストではドイツ勢とアメリカ勢の優勝者が多く、世界的なヒゲ格差が顕著に現れた結果となった。

参照

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 文化 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)