足を持たずに生まれてきた片足のアヒルが3Dプリンター製の義足によって歩けるように!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2012年11月に生まれたアヒルのバターカップは、左を持たずに生まれてきました。そのため、これまでは歩くことができませんでした。

しかし3Dプリンター企業が、3Dプリンターを使ってバターカップの義足を製作し、バターカップは歩けるようになりました。

Sponsored Links

義足を製作したのは、3Dプリンター会社「NovaCopy」。NovaCopyは、バターカップの足にピッタリと合うシリコン製の義足を製作しました。

映像では、義足を装着したバターカップがお尻を振りながら軽快に歩いている様子が確認できます。注意して見ると動きに違和感がありますが、これまで歩けなかったことを考えると仕方ないのかもしれません。

義足装着の様子

こちらは義足装着の映像。足を保護するシリコンカバーを被せ、その上から義足を装着しています。

鳥は人間と異なり体重が軽いため、歩いても大きな負担が掛からないのかもしれませんね。新しい3Dプリント義足で歩けるようになったアヒルでした。

完成した義足を型から外す様子

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, デザイン, 動物, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)