空中に投げることで360°パノラマ写真が撮影できるボール型カメラ「Squito」が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・マサチューセッツ州ボストンにあるハイテク製品製造企業「SH Pierce & Co.」の創業者であり発明家のスティーブ・ホリンガーさんは、空中に投げることで360°パノラマ写真が撮影できるボール型カメラ「Squito」を開発しました。非常にユニークなアイデアのカメラをご覧ください。

Sponsored Links

このボール型カメラ「Squito」は、テニスボールほどの球体で空中に投げることで360°パノラマ写真が撮影できるカメラ。3台のカメラ、慣性計測ユニット、マイクロコントローラなどが搭載されており、撮影された映像と写真はユーザーのコンピュータ、タブレット、スマートフォンに送られる仕組みとなっています。

3つのカメラは、空中で回転しながらあらゆる方向の風景を撮影します。その後、それらのデータは1つの写真として統合され360°パノラマ写真となります。

現時点ではプロトタイプですが、すでにシステムの特許を取得しています。

投げるだけで気軽に360°パノラマ写真が撮影できるなんて面白いカメラですね。非常にユニークなボール型カメラ「Squito」でした。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 4.00 out of 5)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)