アメリカ軍が開発したヒューマノイドロボット「アトラス(ATLAS)」がロボット兵として戦場へ!!2015年までに地上戦に投入!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米ボストン・ダイナミクス社が開発した世界最先端の人型ロボット「アトラス」が公開されましたが、この「アトラス」がロボット兵として戦場へ投入されるようです。

アメリカ議会は法案を可決し、2015年までに3分の1の地上戦にロボット兵を投入するため、1270億ドルの研究費を投入することを決定しました。

Sponsored Links

アトラスの身長は1.88m、体重は150kgに達し、バスケットボール選手のような体格をしたロボット。立体センサーがアトラスの目となり、リアルタイムのコントロールにより、2本の腕を使い複雑な地形を通過することができます。

ネット上で公開されていた動画では、アトラスが卓越したバランス能力を持つ様子が映されています。例えばベルトコンベア上を大股で前進し、コンベア上に突如現れた木の板を避けることができます。また高い所からしっかりと着地し、2本の足で穴の両側を歩き、階段を駆け上り、1本足で立ち、横から飛んできた球に当たっても倒れないなどの能力を見せつけました。これらの動きは、かつてのロボットでは不可能だったものです。

アメリカ陸軍には早くから、さまざまなロボットが就役していた。07年には5000体の地上ロボットが米軍に就役し、少なくとも10機種のスマート戦争ロボットがイラクとアフガンで活躍しました。

アメリカ議会は法案を可決し、2015年までに3分の1の地上戦にロボット兵を投入するために、1270億ドルの研究費(単発としてはアメリカの歴史上最大の研究費)を投入し、未来の戦場で兵士が遂行するすべての戦闘任務(攻撃、防御、目標の捜索など)を遂行できるようにするとしました。アメリカ陸軍は将来的に、1つの旅団クラスの作戦ユニットに、少なくとも151のロボット兵を投入するとのこと。

軍事科学院の有名専門家の杜文竜氏は、「米国の巨額の投資は、戦略的なけん引の作用を持つだろう。米国には非常に先進的な武器計画があるが、実際に実現したものは多くない。しかしそれによって開発された各技術は、軍事、さらに民間の領域で大きなけん引の作用を生み出す」と指摘しました。

現時点では計画だけですが、アトラスの動きを見ていると兵士として活躍している姿が想像できてきしまいますね。未来の戦場はターミネーターのようなロボットが主役なのかもしれません。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 政治・法律, 科学 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)