3Dプリンターで製造する小型拳銃「リベレーター(Liberator)」がアメリカで波紋を呼ぶ!!3Dプリントで「新たなる産業革命」到来か!?


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ人のトラビス・レロルさん(31歳)は、アメリカ・ワシントンD.C.郊外にある自宅地下室で単発式の拳銃「リベレーター(Liberator)」を制作しています。この銃は、これまで所有してきた銃とは一線を画しているといいます。3Dプリンターで制作した銃は、武器として何かが足りないといいます。

Sponsored Links

「200回トライして、ちゃんと発射できたのは1発だけ」と、ソフトウェア技術者のレロルさんは語ります。どうやら「小さなくぎ状」部品の具合が良くないようで、3Dプリンターでリベレーターを作った人たちは一様に何らかの問題を経験していると話します。

しかし遊び感覚で3Dプリンター銃を作っているレロルさんはリベレーターに実用性は求めていません。「(実用には)もっと、ちゃんとした銃は持っている。楽しみとちょっとした挑戦心でやっているプロジェクトなんだ」

第2次世界大戦中に仏レジスタンス運動を支援するためにアメリカ軍が投入した単発式の拳銃にちなみ命名されたリベレーターは、世界で初めて3Dプリンターで制作可能となった銃器。外観はまるでレゴブロックのおもちゃ銃のようです。

3Dプリンターで作る銃器のオープンソース開発を推進するアメリカ・テキサス州の非営利団体「ディフェンス・ディストリビューテッド(Defense Distributed)」が今年初めに公開したリベレーター制作のための無料ファイルは、すでに10万回以上ダウンロードされています。

こうした状況を危惧した米国務省は5月、ディフェンス・ディストリビューテッドに対しリベレーター制作用ファイルの公開を中止するよう命じました。しかし、すでにリベレーター用のファイルはパイレート・ベイなどのファイル共有サイトで広く出回っていました。

ニューヨーク州やカリフォルニア州の議員らは、3Dプリンター銃の非合法化に向けて動いており、金属探知機が検知できない銃器を禁じる法案を下院の司法委員会に提出しています。

米国外ではオーストラリア・ニューサウスウェールズ州の警察が3Dプリンターを使ってリベレーターの制作に成功。要した時間は27時間で、かかった費用も2000ドル(約20万円)以下でした。犯罪者が同様の手段で銃を制作したケースを想定したもので、3Dプリンターの銃制作、販売、所持は全て取り締まりの対象になるといいます。

カナダでもトロント大学の研究チームが3Dプリンターでリベレーター制作に成功したと、カナダ紙トロント・スターが伝えています。この銃は銃規制法に違反しないようデザインを変えてあるといいます。

アメリカには3億1500万人の人口に相当する数の銃(推計3億丁)があふれ、毎年3万人以上が銃絡みの事故や犯罪により死亡していますが、米国憲法は「武器を保有、携帯する権利」を保障しています。
 
かつてサマーキャンプで射撃の講師を務めた経験もあるレロルさんは、拳銃2丁、散弾銃、AR-15半自動ライフル銃に加え、3Dプリンター「Cubify」で制作したリベレーター2丁を所有しています。「Cubify」の価格は1300ドル(約13万円)で、高めのラップトップPCとほぼ同じ値段で購入できます。

レロルさんのちらかった地下室に鎮座する3Dプリンターは、USBメモリからCADファイルを読み込み、熱可塑性プラスチックを吹き付けて、まるで魔法のように拳銃の小さな部品を次々と静かに形成していきます。

レロルさんが、リベレーターの試し撃ちにメリーランドの射撃場を訪れると、しばしば、いぶかしげな目で見られるといいます。しかし、自家製の拳銃に向けられる恐怖や嫌悪に、レロルさんが屈することはありません。「人間は新しい技術に対して不安になりがちだ。そして新しい技術を完全に理解もしていないから、だから皆、悪い影響があるのではないかと心配し始める」
 
レロルさんはまた、リベレーターが犯罪に使われることはないとみている。「他にも多くの銃が出回っているし、それにもっと優れた性能を持っているしね」

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

3Dプリンターで製造する小型拳銃「リベレーター(Liberator)」がアメリカで波紋を呼ぶ!!3Dプリントで「新たなる産業革命」到来か!? への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 世界初となる3Dプリンターによるライフル銃の製造に成功!!3Dプリントライフル銃の発射実験映像 | コモンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)