ホンモノのジェットエンジンを搭載した「SR-71」型ラジコン飛行機がめちゃくちゃカッコイイ!!飛行する姿はもはやホンモノ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「SR-71」とは、1950年代後半から1960年代にかけてアメリカのロッキード社・スカンクワークスで開発された超音速・高高度偵察機。今回は、そんな「SR-71」そっくりなラジコン飛行機をご紹介します。

Sponsored Links

ホンモノのジェットエンジンを搭載したこの巨大なラジコン飛行機。姿も機構も「SR-71」そっくりに作られています。

凄まじい轟音を出したながら離陸したラジコン飛行機、飛ぶ姿や飛行音はまるでホンモノの「SR-71」のようです。

遠くから見れば、「SR-71」が飛んでいるようにしか見えませんね。非常にリアルな「SR-71」型ラジコン飛行機でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)