もはや芸術作品レベル!!中国のピザハットがサラダバーを廃止にした理由となった「サラダ搭」がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2009年、中国全域のピザハット店からセルフサラダバーメニューがなくなり、中国ではサラダバーが廃止されました。 ピザハットが中国に進出してから19年目のことでしたが、このことを中国の人々は悲しんだといいます。しかしこの廃止には理由がありました。

今回は、このサラダバー廃止事件の理由となった「サラダ塔」をご紹介します。

Sponsored Links

サラダ塔の作り方

サラダバー廃止については、ピザハット側からは「幅広いメニュー選択のためのリニューアル」という公式説明がありましたが、実際にはセルフサラダバーの利用増加による赤字が原因だと考えられています。その赤字理由は「サラダ塔」にありました。

中国のピザハットのサラダバー利用価格は32元(約410円)で、サラダを皿に盛るのが1回に制限されています。 このため一回にできるだけ多くの量を取ろうとする客が‘サラダ搭’を作って食べるのが流行していました。

中国で流行した「サラダ塔」は、単純に「サラダをたくさん食べた方がお得」という理由だけでなく、「サラダ搭」作りが一つの楽しみになっていました。市民はピザハットの今回の措置は非常に残念がったといいます。

積み上げられたサラダはもはや芸術のレベル。周囲をニンジンやキュウリなど固い野菜を積み重ねて壁を作り。その中に細々した野菜を入れることで大量の野菜を皿に盛っています。

こんなことをされれば、赤字になっても仕方ありませんね。中途半端に1回だけというより食べ放題にした方がよかったのかもしれません。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 文化, 経営・経済, タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)