培養した人工肉を食べる時代に突入!!3800万円を費やして作られた世界初の「試験管バーガー」の試食が来週ロンドンで実施!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

とうとう「人工培養肉を一般人が食べる」というSFのような時代に突入してしまったようです。

牛の幹細胞から作った人工肉のハンバーガーを試食するデモンストレーションが、来週ロンドン市内で開催されることになりました。

Sponsored Links

オランダ・マーストリヒト大学のマルク・ポスト氏は2年前から、オランダ政府や匿名の資金提供者の援助を受け、実験室で幹細胞を培養して食肉を作る研究に取り組んできました。

試食用のハンバーガーは、こうしてできた肉片2万切れに人工の脂肪組織を混ぜてあります。作製には9週間の期間と、研究費25万ポンド(約3750万円)がかかったといいます。

デモンストレーションの場所は未発表ですが、観衆に公開される予定。ポスト氏は「効率的に低コストの肉が作れる段階にはまだ達していないものの、人工肉は実際においしく食べられるということを人々に知ってほしい」と話しています。

ポスト氏によると、今後も幹細胞の培養に8~9週間かかることに変わりはありませんが、十分な予算を投入すれば一度にハンバーガー100万個分の肉を生産することも可能だといいます。「食料の生産方法に革新的な変化をもたらすことは確かだ」と、同氏は自信を示します。

世界保健機関(WHO)によると、世界の肉の需要は今後40年間で倍増する見通しですが、現在の生産方法を持続することは難しいとのこと。ポスト氏は、人工肉を作ることでこの問題を解決し、さらに温室効果ガスの排出を抑えたり動物保護の問題に対応したりすることもできると主張します。

研究者らの間では、人工肉がスーパーマーケットの店頭に並ぶ日が5~10年以内に来るかもしれないと言われています。ただポスト氏は「その可能性があるというだけ。5年は早すぎるかもしれない。大胆に資源を投じて研究を進めるという条件で、10年後ならまだ現実的かもしれない」と慎重な見方を示しています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学, タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

培養した人工肉を食べる時代に突入!!3800万円を費やして作られた世界初の「試験管バーガー」の試食が来週ロンドンで実施!! への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 培養した人工肉で作られた「試験管バーガー」が誕生!!製造費は3300万円!!専門家「肉に近い味だが、味わいに欠ける」「(普通のハンバーグと)風味が異なる」 | コモンポスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)