30年前に第三次世界大戦を想定した英エリザベス女王用スピーチが用意されていたことが明らかに!!「生き残りをかけた態勢を取らなければならない」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

旧ソ連と西側との東西冷戦が緊迫化していた30年前の1983年、イギリス政府が第三次世界大戦を想定し、エリザベス女王によるスピーチの草稿を作成していたことが、1日に公開された公文書で明らかになりました。核戦争へのカウントダウンは、われわれの知らないところで始まっていたのかもしれません。

Sponsored Links

訓練用として作成された草稿は「戦争の狂気が再び世界に広がり、勇敢な我が国は強敵を相手に今一度、生き残りをかけた態勢を取らなければならない」などと国民に訴えかける内容となっています。

また、映画「英国王のスピーチ」でも描かれた女王の父ジョージ6世が1939年の第二次大戦開戦時に行った演説にも触れ、「奮い立たせるような父の言葉を聞きながら感じた悲しみと誇りは忘れたことがない」と記されていました。

こんな草稿が作られていたということは、第三次世界大戦が起こることも十分ありえる状態だったということですね。もしかすると、現在でも秘密裏に第三次世界大戦用のスピーチが作られ続けているのかもしれません。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 政治・法律, 文化, 歴史 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)