路面に埋め込まれた電線から無線給電できる電気バス「OLEV」が開発される!!走りながら充電が可能!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

電気自動車の最大の欠点は充電に時間がかかることと航続距離が非常に短いことです。ところがこの2つの問題を解決してしまうシステムが開発されました。それはんと、走りながらにして道路に埋め込まれた電線から無線給電するというもの。驚きの電気バス「OLEV」をご覧ください。

Sponsored Links

電気バス「OLEV」システムは、韓国の韓国科学技術院(KAIST)が開発した無線送電技術を応用して作られたもの。

電気バスが走る路面には、あらかじめケーブルが埋め込まれています。このケーブルが共鳴磁場を発生させ、バスの下側から電気をバッテリーへと送り込みます。そのためバスはケーブルがある路面を走っている限りは、走行しながら100キロワット程度の電気を常に給電することができるといいます。

常に給電することができるため、バスに搭載されるバッテリーは3分の1程度と小型化されています。そのため車両を軽量で安価にすることができます。

気になるのは「電気がどの程度失われているのか」ですが、現時点で送られる電気の85%はバスに届いており、ロスは15%程度とのこと。またこのシステムで発生する磁場は国際規格の制限内であるため、健康問題や電波障害などは引き起こしません。

試算では、道路の一部(5%~15%)にケーブルを埋め込めば運用が可能とのこと。非常に小さな規模の工事でケーブルを設置できるようにも思えますが、市街地での工事はかなり大掛かりになると推定されます。電柱などで電線を設置するほうがはるかに低コストです。

一方で、このシステムが完成すれば、電気自動車を充電させる必要がなく、充電ステーションを作る必要もなくなります。さらにコンピュータ管理で道路をスマート化・ネットワーク化させることも容易となり、自動車間ネットワーク、自動ブレーキシステム、自律走行、車両追跡といったシステムを導入することも可能となるかもしれません。

現在、韓国亀尾市ですでに2台の電気バスが運行しています。また今後、マレーシアやアメリカでも導入される予定となっています。

開発者は、2015年までには少なくとも10以上の計画を実現させ、韓国国内でさらに多くの「OLEV」を走らせたいとしています。

source
source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 乗り物, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)