ネオンサインはこうやって作られていた!!ネオンサイン職人がネオンサインを作る様子をとらえた仕事風景動画が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

夜の街を彩る色とりどりの蛍光看板「ネオンサイン」が、どのように作られているか知っていますか?

今回は、あまり知られていないネオンサインを製造する職人の仕事風景をご紹介します。

Sponsored Links

ネオンサイン職人の仕事ぶりを紹介してくれるのは、ネオンサイン職人であるMartin Suettingerさんです。

ネオンサインに用いられる灯体は、直径8~15mm、長さ1.5mくらいのガラス管で、広告主の注文に応じてほぼ手作業による職人技で、いろいろな形状に曲げられ作られます。 ネオンサインに用いられる管は、ガスそのものの色を出すための透明なものと、様々な色を出すための蛍光塗料を内面に塗布した蛍光管があります。

近年はLED照明など新しい光源も登場し急速に普及していますが、ネオンサインが今でも使われている理由は、色の鮮やかさ、形状の自由さなどの利点などからです。

ネオンサインはガラス管で作られているため、ガラス職人のような繊細な作業が求められます。ガラスを溶かして曲げながら、職人は広告主の注文どおりのデザインを作っていきます。

ネオンサインは、こんな風にして作られていたんですね。あまり知られることのない職人技が光るネオンサイン製造現場の映像でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 経営・経済 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)