カールじいさんの空飛ぶ家が実在した


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカの科学番組「ナショナルジオグラフィック」でピクサーの映画「カールじいさんの空飛ぶ家」に触発されて本当に飛ぶことができる家を作ったようです。 科学者、エンジニア、パイロットやボランティアたちによって作られた「空飛ぶ家」は上空10000フィート(3000メートル)まで到達したようです。

Sponsored Links

「家自体」は軽量材料で「風船部分」はヘリウムで満たされた300個の気象観測気球を使って作られているそうで、大きさは 4.8メートルx 4.8メートルx高さ 5.5メートルの家は約1時間の間、二人の人間を乗せてカリフォルニア州のハイデザートを横断飛行したそうです。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: スポーツ, 国際, 文化, 科学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)