心停止後に「脳が活発化」することが明らかに!!血流が止まっても脳は30秒生きる!!臨死体験の科学的解明に前進!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

心臓マヒを起こし死の淵に立った人が時に経験する、まぶしい光などの鮮明な「臨死体験」は、科学的に説明できるかもしれないとする研究論文が12日、米科学アカデミー紀要に掲載されました。脳は、血流が停止した後も30秒程度、活動を続けることが分かったといいます。

Sponsored Links

研究を行ったアメリカ・ミシガン大学の科学者らは、実験用ラット9匹に麻酔薬を投与して心停止を誘発させ、脳電図を記録しました。その結果、心臓が停止してから30秒間にわたり脳の活動が急増し、精神状態が非常に高揚していることが分かりました。

研究に参加した同大学のジョージ・マシャワー教授(麻酔学・神経外科学)は、「脳の活動レベルが高いことに驚いた」と話します。「臨死状態では、意識がある状態を示す電気信号の多くが覚醒状態のレベルを上回っていたことが分かった。これは、臨床死の初期段階において、脳が系統立った電気活動を行うことが可能であることを示唆している」。同様の結果は、窒息状態のラットの脳活動にもみられたといいます。

論文の主著者、ジモ・ボルジギン氏は、「心停止中の酸素の減少、または酸素とブドウ糖の減少によって、意識的過程の特徴である脳活動が刺激される可能性が、この研究で示された。また、心停止を経験した多くの患者が語る臨死体験を説明するための、初めての科学的枠組みが提供できた」と話します。

心停止から蘇生した患者の約20%が、医師らが臨床死と呼ぶ段階でなんらかの視覚的な経験をしたと報告しています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , パーマリンク

心停止後に「脳が活発化」することが明らかに!!血流が止まっても脳は30秒生きる!!臨死体験の科学的解明に前進!! への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 心停止後に「脳が活発化」することが明らかに!!血流が止まっても脳は30秒生きる!!臨死体験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)