まさに目から鱗!!魚の鱗から採取したコラーゲンで人工角膜を作ることに台湾大学が成功!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

日本では、魚の鱗から採取したコラーゲンを用いて高強度人工骨を作ることに成功していますが、台湾では魚の鱗から採取したコラーゲンを使って人工角膜を作る研究に期待が集まっています。

Sponsored Links

台湾大学が行う人工角膜の研究では、原料に鯛の鱗を用いるといいます。この鱗に含まれるコラーゲンは、人の角膜とよく似た構造を持っているといいます。

1年にわたりネズミやウサギを使って移植実験を行いましたが、拒絶反応や副作用はないとのこと。今後はより人に近いブタで移植を行う予定で、早ければ2015年にも実用化できる見通しだといいます。

人工角膜の想定価格は、1枚約98万円とのこと。値段以外にも、耐久性などの課題点も多いといいます。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)