世界最薄のキーボードが開発される!!紙のようにペラペラで厚さはたったの0.5mm!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

イギリスのハイテク企業「ケンブリジッジ・シリコン・ラジオ」が、厚さ0.5mmという紙のように薄い世界最薄のキーボードを開発しました。タッチ式のこのキーボードは、曲げることも可能で、無線通信によってデータをデバイスに送ることができます。

Sponsored Links

このキーボードは、最先端の印刷技術、フレキシブルエレクトロニクス、低消費電力無線技術が搭載されたもの。パソコンやスマートフォン・タブレットにBluetoothで接続することができ、専用のペンを使えば手書き文字や絵を描くこともできるとのこと。

スマートフォンやタブレットは、人によってはキーボードと比べて入力しにくいですが、これなら慣れた方法でスムーズに入力できそうですね。現在、ベルリンで開催の展示会IFAで試作品を公開していますが、商品化には1年ほどかかるといいます。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)