体の中に歯車がある動物が世界で初めて確認される!!歯車は人類が最初に発明したものではなかった!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

欧州に生息するウンカ類という虫の一種は、成体になるまで後ろ脚に「歯車」を備え、2本の脚をそろえて真っすぐジャンプするのに使っていることが分かりました。イギリス・ケンブリッジ大の研究チームが発見し、13日付の米科学誌サイエンスに発表しました。

Sponsored Links

自然界に存在する「機械」は、大腸菌などの鞭毛(べんもう)の根元にあるモーターが知られますが、身近な昆虫で見つかったのは珍しいとのこと。歯車の機械は、かつては人類が発明したと考えられてきましたが、自然界に先例があったことが示されたといいます。

このウンカ類は庭でも見かけられ、幼生の体長は数mm。葉から葉へジャンプして移動します。左右の後ろ脚の付け根が2個の半円の歯車をかみ合わせた構造をしており、ジャンプ方向が左右にぶれるのを防ぎます。歯は長さ0.4mm弱の範囲に10~12個並んでいます。

映像では、歯がしっかりとかみ合って「歯車」として機能しているのが確認できます。

この構造は幼生のときにだけ備えられており、成体になると「歯車」はなくなります。幼生のうちは損傷しても脱皮の際に元に戻りますが、成体は損傷を修復できないためと考えられるといいます。

source
source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 動物, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)