ヘビのような新種のトカゲ「A.ステビンシ」がロサンゼルス国際空港で発見される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・ロサンゼルス国際空港の滑走路のはずれにアシナシトカゲの新種が生息しているのが見つかったとして、カリフォルニア大学バークリー校などの研究チームが学術誌に発表しました。

Sponsored Links

アシナシトカゲはヘビのような姿をしたトカゲ。空港の滑走路のはずれの砂地で見つかったのは黄色い腹をした種で、爬虫類両生類学者の名にちなんで「A.ステビンシ」と命名されました。

研究チームはほかにも、カリフォルニア州内の原油掘削施設や街中の空き地、モハベ砂漠などでアシナシトカゲの新種3種を見つけたといい、「州内にはまだ未確認の多様な生物がいることが分かった」と話しています。

アシナシトカゲは柔らかい地面にもぐる習性があり、行動範囲は非常に狭いとのこと。A.ステビンシは落ち葉の下で見つかり、残る3種は生息していそうな場所に研究者が置いた段ボールやベニヤ板の下に入り込んでいたといいます。標本の採集や確認には14年以上の年月を要しました。

アシナシトカゲは世界で200種以上が生息しています。カリフォルニア州ではこれまで1種類しか確認されていませんでしたが、今回の発見で5種類に増えました。

ロサンゼルス郡自然史博物館によると、ヘビとトカゲは目を見れば区別できるとのこと。トカゲはまぶたがありまばたきをしますが、ヘビにはまぶたがないためまばたきをしないといいます。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 動物, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)