アルゼンチンに存在する古代人の無数の手形壁画が残る洞窟「クエバ・デ・ラス・マノス」が凄まじい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アルゼンチンのサンタ・クルス州には、古代の人々の手形の壁画が無数に残る洞窟「クエバ・デ・ラス・マノス」が存在します。今回は、そんな古代人が残した不思議な遺跡洞窟をご紹介します。

Sponsored Links

アルゼンチンにある「クエバ・デ・ラス・マノス」は、「(多くの)手の洞窟」を意味する名前の通り、残された無数の手形の跡の洞窟壁画が印象的な洞窟。1999年にユネスコの世界遺産に登録されています。

サンタ・クルス州ペリート・モレーノの南163kmに位置し、多くの重要な考古学的・古生物学的遺跡群を含むペリート・モレーノ国立公園の境界線上に含まれています。

洞窟はピントゥーラス川渓谷に位置し、アルゼンチンの国道40号線からは100kmほど離れたパタゴニア地方の孤立した景観の中にあります。洞窟内に描かれた手形の洞窟壁画はテウェルチェ族の祖先に当たると思われる先住民族によって9000年ほど前から描かれたもの。

絵具には鉱物が使われており、それを吹き付けるのに使われた骨製のパイプが見つかっているため、年代が算定可能でした。

メインの洞窟の深さは24mで、入り口の幅15m、高さ10m。洞窟内は上り坂になっており、高さは2mもなくなるほどにどんどん狭まっていきます。

これらの手形は、絵の具を手に付けて描かれたものではなく、洞窟の壁に手をつき、その周りに塗料を吹き付けることで、手形を浮き上がらせる手法が用いられています。洞窟には手形以外にも、人、グアナコ、レアや、ネコ科の動物をはじめとする他の動物群なども描かれています。また、幾何学的造形やジグザグの線刻、太陽を表しているらしい絵や狩りの様子なども描かれています。

なお、規模は小さいものの似たような洞窟壁画は近くの洞窟にも見られます。

洞窟の天井には赤い点々がついており、これは塗料をつけたボーラをめり込ませてつけたものと推測されています。塗料の色彩はヘマタイトから採取した赤をはじめ、白、黒、黄など多彩。塗料を吹き付けた手形は大体紀元前550年頃と算定されており、手に絵の具をつけて作った手形は紀元前180年以降と推測されています。これに対し、狩りの絵は9000年以上遡ると推測されています。

手形のほとんどは左手。このことは、彼らがパイプを利き手(右手)で持っていたことを示唆しています。手形のサイズは13歳くらいの少年と同じようにも見えますが、彼らが現代人よりも小柄であったであろうことを考慮すれば、もう少し上の年齢だったと思われます。ゆえに、手形を印すという行為は、聖地であった洞窟における成人通過儀礼であったと考えられています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 文化, 歴史, 芸術 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)