「自由の女神」も公開中止に!!与野党が暫定予算案で合意できずアメリカ政府機関の閉鎖が理由!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

10月1日から米政府機関が一部閉鎖されるが、これによりニューヨークの「自由の女神」をはじめとする施設でも閉鎖などが相次ぎ、観光客にもさまざまな影響が及ぶとみられています。

Sponsored Links

今回の政府機関の閉鎖で、自宅待機となる連邦職員の数は80万人以上。米国立公園局のスポークスマンによると、この影響でユタ州のザイオン国立公園内でのキャンプに向かっていたハイカーに対し、48時間以内に退去するよう指示が出されました。

またワシントンの国立動物園では、パンダなど飼育動物の生態を楽しむことができるウェブカメラの提供が停止され、カリフォルニア州ヨーバリンダにあるニクソン大統領記念図書館では、一部の展示品について閲覧を制限するといいます。

昨年10月のハリケーンの影響で8カ月間閉鎖され、7月の独立記念日に再公開になったばかりの自由の女神も再び公開中止となり、女神があるリバティー島にフェリーで渡ることもできなくなります。

今回の政府機関を閉鎖は、期限内に与野党が暫定予算案で合意できなかったことによるもので、17年ぶりの事態となりました。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 政治・法律, 経営・経済 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)