アメリカの森で2頭のビッグフットが激写される!!一部の研究者は「ビッグフットは存在する」と主張!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・カナダのロッキー山脈一帯で目撃されるUMA(未確認動物)として知られる「ビッグフット」。これまでにも目撃証言などが相次いでいましたが、その決定的な証拠は見つかっていませんでした。

ところが2週間前、ペンシルベニア州で2頭のビッグフットと思われる写真が撮影されました。

Sponsored Links

この写真を撮影したのは、ハイカーのジョン・ストーンマンさん。体長2mを超える毛むくじゃらの2頭のビッグフットは、Kinzua州立公園の道路からすぐの森の中にいました。

ストーンマンさんは、森の中にいる不思議な生き物を発見すると、すぐに自動車を減速してその姿をカメラで撮影したと言います。

ストーンマンさんによると、ストーンマンさん自身もビッグフットには懐疑的だったものの、撮影した生き物は毛の質や肩幅の大きさなどから明らかにクマではないとしています。

アメリカでは現在、サスカッチゲノムプロジェクトと呼ばれるビッグフット(サスカッチ)を捜索するプロジェクトが行われており、これまでの5年間に50万ドル(約5000万円)を費やして100個以上の証拠となるサンプルを集めてきました。

サスカッチゲノムプロジェクトは、あまりにも内容が稚拙なため認められておらず、研究者の中では笑いものになっています。しかしそのプロジェクトの様子を収めたドキュメンタリーが今年中に発表される予定となっています。

ドキュメンタリーとして公開

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 動物, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)