筋ジストロフィーで体の自由が利かない男性が17時間をかけてシカゴマラソン走破に成功!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・イリノイ州シカゴで開催されたマラソン大会「シカゴマラソン」に、難病である筋ジストロフィーを患っている男性が出場しました。この男性は、自由に動かない体でありながら、42.195kmを17時間かけて完走することに成功しました。

Sponsored Links

ベネズエラ人男性のマイケル・メラメドさん(38歳)が患っているのは、難病である筋ジストロフィー。筋線維の破壊・変性(筋壊死)と再生を繰り返しながら、次第に筋萎縮と筋力低下が進行していく遺伝性筋疾患である筋ジストロフィーを発症すると、筋力低下と筋萎縮体の自由を奪われます。

そんな難病を患っているマイケルさんが出場したのは、シカゴマラソン。42.195kmという途方もない距離を走り始めてから17時間後の午前1時30分にゴールしました。

体を引きずりながら上手く動かせない体を必死に動かしながらゴールした瞬間には、多くの支持者から歓声が沸きあがっています。やる気さえあれば人間に不可能はないことを教えてくれたマイケルさんでした。

ゴール目前の6分間の様子

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: スポーツ, 国際, 技術・実験, 文化 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)