世界で最も安いヒューマノイドロボット「タロス」がスゴイ!!価格はたったの8万円!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

コロンビア大学のジェイソン・ラヴェル氏率いる研究チームは、超低コストなヒューマノイドロボット「タロス」の開発を進めています。人間と同程度の大きさで、顔と腕を持って、音声コマンドに応答するという機能を持ちながら、800ドル(約8万円)という信じられない総費用となっています。

Sponsored Links

超低コストなヒューマノイドロボット「タロス」は、既存の人間大ヒューマノイドロボットの中で最も安いロボット。総費用は800ドル(約8万円)となっています。

筒状のボール紙の上にはノートパソコンが搭載されており、これがタロスの頭脳として働きます。また搭載されたキネクトのセンサーによって、壁やドアなどを立体的に感知することができ、移動はiRobot社のプラットフォームロボットが使われています。さらに2本のロボットアームで簡単な作業を行うことができます。

元々は、研究所の警備やテレプレゼンスをするために作られたタロス。指定したモノを取ってくることやロボットハンドを振るといったことができ、音声コマンドに応答することも可能。タブレットのアプリで制御することも可能で、踊るなどのエンターテインメント機能も搭載しています。

できることは少ないですが8万円という費用でロボットが作れることに驚きですね。コンピュータやセンサーの価格が下がっているため、ヒューマノイドロボットも意外と安くで作れるようになりそうです。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)