歩行や会話が可能な人造人間「バイオニックマン」が博物館で公開!!開発者「礼儀正しいとは言えない」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・ワシントンにあるスミソニアン航空宇宙博物館で17日、人工臓器などを組み合わせて作られ、歩行や会話が可能な人造人間「バイオニックマン」が公開されました。人造人間「バイオニックマン」の映像をご覧ください。

Sponsored Links

この人造人間「バイオニックマン」は身長183cm、体重77kgで、肺や膵臓、循環系など28の人工臓器から作られています。これら臓器は大学などで開発されたものを利用し、イギリス・ロンドンのシャドー・ロボット社が組み立てました。

顔はありますが、表情はつくれず、実質的に皮膚はありません。制作費は100万ドル(約1億円)だといいます。

また、同社で設計工学を担当するロバート・ウォーバートン氏によると、バイオニックマンは、米アップルの「iPhone」に搭載された音声認識ソフト「Siri(シリ)」のような会話が可能。人格はウクライナ出身の13歳の男の子の想定でプログラミングされており、「会話する相手としては礼儀正しいとは言えない」と語りました。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)