あなたも私もおしっこの時間は21秒!!全哺乳類の放尿時間が21秒である「排尿の法則」が発見される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「胎生」「乳で子を育てる」「恒温動物」など、哺乳類にはいくつかの共通点が存在しますが、さらに「おしっこの時間が21秒」という項目を加えることができるようです。

アメリカ・ジョージア州アトランタにあるジョージア工科大学の研究者らは、全ての哺乳類の放尿にかかる時間が21秒であることが明らかとなりました。

Sponsored Links

今回発見された「排尿の法則」と呼ばれるこの不思議な共通点は、ゾウからネズミまで体の大きさが異なる全ての哺乳類に適用されるといいます。

研究者は、地元の動物園で体や性別が異なるさまざまな動物が放尿しているのを見て、その時間の共通性を発見。ネズミ、犬、ヤギ、牛、ゾウなどの動物の放尿シーンをユーチューブから集めて比較検討しました。さらに研究者らは、膀胱の大きさや尿道の圧力などのデータから尿排泄システムの数学モデルを作り出し、そのデータから全ての哺乳類のおしっこの時間がほとんど同じだということを結論付けました。

研究者らによると、ゾウなど膀胱が大きく尿の量が多い動物は放尿のスピードが速く、逆にヤギや犬といった膀胱が小さく尿の量が少ない動物は放尿のスピードが遅くなるといいます。その結果、体の大きさに関係なく膀胱が空っぽになる時間は同程度になるといいます。

哺乳類の放尿時間が平均して21秒という事実は、大型動物の体調管理に役立つ可能性があるとのこと。飼っているペットなどの放尿時間が21秒から大きく違っている場合には、健康面に問題があるのかもしれません。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)