地球に似た構造の惑星「ケプラー78b」が確認される!!表面温度が3000℃で生命には適さず!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ航空宇宙局(NASA)が昨年発見した太陽系外惑星「ケプラー78b」が、地球と似た大きさと構造を持つことが分かりました。地球から約400光年離れた場所にあるといい、地表の温度は2000~3000℃あるとのことです。

Sponsored Links

今回の発見は、太陽系外に地球型惑星が数多く存在する可能性を示す結果。ただケプラー78bは、中心の恒星との距離が短すぎて表面温度が2000~3000℃近くに達する灼熱の世界とみられ、研究者は「生命が存在する見込みはなさそうだ」としています。

アメリカのハワイ大のチームとスイス・ジュネーブ大のチームは異なる手法で観測データを分析。推定値に幅はあるが、ケプラー78bの直径は地球より約20%、質量は約80%それぞれ大きかったといいます。比重が地球とほぼ同じことから、鉄の中心核や岩石でできた構造を持つようです。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)