中国で8歳少女が肺ガンを発症!!大気汚染物質「PM2.5」が原因か!?中国国内最年少の患者に!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

中国で、8歳の少女が肺ガンを発症していることが確認されました。中国国内で過去最年少の患者となる今回の症例について医師らは大気汚染が肺ガンの直接的要因と述べています。中国の大気汚染は、子供を肺ガンにしてしまうほど深刻なものになっているのかもしれません。

Sponsored Links

中国国営の新華社通信のウェブサイト「新華網」によると、この少女は、中国東部、江蘇省の幹線道路そばに暮らしています。

江蘇省南京にある江蘇省ガン病院の医師によると、少女は長期間にわたって有害粒子と塵にさらされていたといいます。

米国ガン協会によれば、子供の肺ガン発症は極めてまれ。発症が診断される平均年齢は70歳ほどです。

しかし中国では、急速な発展により都市部を中心に大気汚染が拡大する中、肺ガン患者が急増しています。北京市の保健当局によれば過去30年で肺ガンに関連した死亡は4倍に増えており、スモッグで覆われた北京市での最大の死因となっています。

大気汚染物質「PM2.5」が問題とされていますが、もしかすると中国の大気は子供を肺ガンにしてしまうほどの毒性があるのかもしれません。環境問題に国境は関係なく、これらの汚染物質は少なからず日本にも飛来しているため、対岸の火事と傍観していることもできませんね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 科学 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)