光を屈折させることで内部のものを見えなくしてしまう光学迷彩装置を浙江大学が開発することに成功!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

中国・浙江大学の研究チームは、生きている生物が生きたままで見えなくなってしまう装置を開発することに成功しました。直径5cmの穴が空いている六角柱の中に入り込めば、周囲からは見えないのに背景は見ることができます。同様の装置は、シンガポールにある南洋理工大学の研究チームも開発していました。

Sponsored Links

この装置は、光の反射を駆使した光学迷彩。特殊なガラスを特定のポイントに配置することで光を屈折させ、背景は見えるのに内部のものは見えないという不思議な現象を引き起こします。

映像では、金魚の姿が見えなくなったり、レーザー光線が装置を迂回して透過しているのが確認できます。

アメリカの研究者らによると、光学迷彩技術の実現は可能であるものの、多くのものは剛性素材を用いたものになるといい、使用には制限があるといいます。そのため透明人間になることや透明マントのようなアイテムを作るのは非常に難しいといいます。

夢のある技術ですが、柔らか素材を光学迷彩にするのはやはりまだ難しいみたいですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)