自動車に轢かれて死んだ動物を拾って食べるイギリス人男性の生活/男性「『大丈夫、ただの肉さ』と思うことが肝心」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

食材調達を道路で行う男性をご紹介しましたが、同じような食材調達をする人はイギリスにもいるようです。

死んだアナグマ1匹を用意して小麦粉と香草をまぶし、鍋に入れて調味料を加えて煮込むこと5時間、おいしいシチューの出来上がり。これが、イギリス人の「ロードキル・イーター」ことアーサー・ボイツさん(74歳)が編み出した最高のレシピです。

Sponsored Links

ボイツさんは、道路脇に横たわる死んだ動物を拾い上げて自宅に持ち帰り、皮を剥ぎ、内臓を取り出して調理します。犬や猫からイタチやネズミに至るまで、これほど美味なものは他にないとボイツさんは話します。

元研究者で自然崇拝者のボイツさんが暮らすイングランド南西部コーンウォール州の自宅には、動物の頭蓋骨やはく製があちこちに飾られています。1960年代から車に轢き殺された動物を食べるようになったボイツさんは、もっと多くの人に食べてもらいたいと話します。

「私が『車にひき殺された動物を食べるんだ』と言うと、みんなに『えー、本当かい?』と言われるんだ。だから、『君たちも食べてみればおいしいことが分かるよ』って言ってやるのさ」。

ボイツさんによると、動物の死肉を食べることに嫌悪を感じるのは、味ではなく頭で判断するからだといいます。「こういうものを食べるときには、敷居をまたがなければならん。『大丈夫、ただの肉さ』と思うことが肝心だ」

ボイツさんの好物は「犬」だといいます。これまでに、車にひかれた雑種2匹とラブラドール1匹を食べました。犬肉の味は柔らかくまろやかで甘味もあり、子羊の肉に似ているといいます。キャンティなどの赤ワインと相性がいいといいます。「もちろん食べる前に飼い主を捜すようにしているよ」とボイツさんは話します。

犬が好物だというボイツさんですが、離れ家にある冷凍庫は、猛禽類からトカゲに至るまでさまざまな動物の肉でいっぱいになっており、ボイツさんの好みが多様であることをうかがわせます。

ボイツさんはまた、腐肉を食べることにも抵抗はありません。死後2週間経ったアナグマの肉でも、ウジやマダニを取り除いてから鍋に入れて煮込むので問題ないとのこと。「濃い緑色に変色してしまって匂いがきつい肉も食べたことがある。きちんと火を通せば、肉を食べる楽しさは邪魔されないさ」

車に轢かれた動物の肉を食べて病気になったことは1度もないとボイツさんはいいます。食事に招いた友人らの具合が、帰宅後に悪くなったことがありましたが、それは別の理由だとボイツさんは信じています。

イギリスでは、故意ではなく事故でひき殺された場合に限り、路上で死んだ野生動物を食べることが通常、法律で認められています。

ボイツさんは、偶然轢かれた動物しか食べません。自分で見つけることもありますが、ヤマネコの亡霊が出るという噂がある原生林ボドミンムーア付近の住民に教えてもらうこともあるといいます。

アナグマのシチューの仕上げをしたボイツさんは、車で轢き殺された動物を料理するのは、菜食主義の妻が外出したときだけだと明かしました。妻が週に1度、母親の家に泊まりに行く日が、ボイツさんにとってご馳走を食べる絶好の機会なのだといいます。

野生動物は種類だけでなく、性別、年齢、時期によって味が大きく変化します。基本的に牛、ブタ、ニワトリしか食べない一般人よりも、はるかに豊かな食生活を送っているのかもしれませんね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 文化, 生活, タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)