時速336kmで走行していた自動車がクラッシュしてしまう事故映像がスゴイ!!車体は大破もドライバーは無事!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2013y11m22d_190628963

11月10日、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスにあるエルミラージュ乾燥湖で行われていたスピード競技中に、ホンダのインサイトが横転事故を起こしました。時速336kmで走っている自動車がクラッシュする決定的瞬間をご覧ください。

Sponsored Links

徐々に加速していく自動車。グングンとスピードが上がっていきますが、時速336kmに達したところでその姿勢が大きく崩れてしまいました。

横を向いてしまった自動車は横転。そのままのスピードで地面を転がって、車体は砂煙を上げながら大破してしまいました。しかし中に乗っているドライバーは、事故後、すぐに動いているのが確認できます。

時速336kmが出ていたというこの事故ですが、驚くべきことに乗っていたドライバーのブライアン・ギレスピー選手は無事だったとのことで、かすり傷やアザができた程度だったといいます。

これだけのスピードが出ている状態で横転する自動車は危険にも思えますが、これだけのスピードでも大したケガをしないということは安全なようにも思えますね。衝撃的なスピードチャレンジでの大失敗動画でした。

予備

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: スポーツ, 乗り物, 事件・事故, 国際 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)