ハンマーで数万本の釘を打ちつけて絵を描いてしまう釘の点描絵画アートが素晴らしい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ハンマーと釘。建築家のデビッド・フォスターさんは、この芸術には程遠い2つのアイテムを使って驚くべきアート作品を制作してしまいます。人物から動物まで、さまざまな肖像を釘で点描していく驚きの釘の点描絵画アートをご覧ください。

Sponsored Links

フォスターさんが制作するこれらの点描絵画アートに使われているのはハンマーと釘。ハンマーを使って釘をキャンバスに打ち込んでいくことで、人物、動物、花などさまざまなものを描きます。釘の密度を変えることで濃淡を変化させ、驚くほど写実的な絵画を作り出します。

もともとはインクで点描画を描いてたフォスターさんですが、ここ数年間は釘を使っての実験的絵画を制作に取り組んでいました。そして、これらの釘を使った点描絵画を見事に完成させました。

使われる釘の本数は、小さい作品で5000本程度、大きなものでは3万本にもなります。完成した絵画は、繊細さと力強さを備えた豊かな表情を見せる作品となっています。

制作の様子をとらえたタイムラプス映像を見ると、ハンマーで釘を打ちつける振動で釘の入ったボウルやペンが動いていています。そのことからも芸術的センスだけでなく、力や根気が求められることが分かります。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 文化, 芸術 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)