アメリカの外食離れが加速!!節約ではなく健康志向が後押ししていることが明らかに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

外食支出を減らす傾向にあるアメリカの消費者ですが、来年はレストランなどでの食事回数をさらに減らそうと考えていることが、経営コンサル会社アリックスパートナーズの調査で分かりました。その理由は、意外にも節約ではなく健康志向でした。

Sponsored Links

外食を減らす1番の理由は、「健康的な食事を摂りたいから」というもの。「節約したいから」という理由をわずかながら上回りました。過去5年の同じ調査で、健康志向が外食敬遠の最たる要因になったのは今回が初めてです。

同社のマネージングパートナー、アダム・ワーナー氏は、「財布事情が米消費者の懸念であることには変わりはないが、ヘルシーな食事に対する思い入れも年々強くなっている」と述べました。

外食コンサルタントのマルコム・クナップ氏によると、アメリカでは2013年1~9月にレストランへの客足と売上高が前年同期比で推定1.5~2%減りました。

消費者は健康的な食事に対しては支出を多少増やす傾向もあるため、外食産業はヘルシーなメニューの開発に力を入れています。

アメリカのマクドナルドはサイト上で、400キロカロリー未満の商品だけを掲載したメニューページを展開しており、競合するバーガー・キングも9月に低カロリーのフライドポテトをメニューに加えました。

日本食がブームであることの要因にも、この健康志向が絡んでいそうですね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 文化, 生活, 経営・経済, タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)