頭を強く打ったことでサヴァン症候群を発症し音楽の才能「サヴァンスキル」が爆発した男性デレク・アマート


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

音楽の才能を伸ばしたいなら、頭を強打するのも1つの方法かもしれません。

先日、スポーツ中の脳震盪後に音楽の才能に目覚めた少年をご紹介しましたが、同じような症例は他にもありました。41歳のデレク・アマートさんは、サッカーをしているときに頭を強く打ち、そのことが原因で音楽の才能に目覚めました。

Sponsored Links

デレクさんは2006年10月のある日、パーティーの最中にサッカーボールを取ろうとして、プールの浅いところで頭を強く打ち脳震盪を引き起こしました。この脳震盪によって、デレクさんはサヴァン症候群を発症しました。

サヴァン症候群とは、知的障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、優れた能力を発揮する者の症状。原因は諸説があり、特定には至っていません。映画『レインマン』ではサヴァン症候群の男性が描かれており、日本の貼り絵画家である山下清もサヴァン症候群だという説があります。

デレクさんは、頭を強打したことで発症したサヴァン症候群によって、特異能力「サヴァンスキル」を獲得しました。デレクさんの場合、サヴァンスキルは音楽の才能でした。

サヴァンスキルを獲得した人物は、これまでに世界中で30人が数えられていますが、デレクさんはその中の1人です。また音楽の才能に目覚めたのは、デレクさんだけだといいます。

事故まで全く音楽の訓練を受けていなかったデレクさんでしたが、サヴァンスキルの発動によって8つの異なる楽器をプロミュージシャンのレベルで演奏できるようになりました。

事故の瞬間についてデレクさんは記憶があるといいます。プールで頭を打ったことでパニックになったデレクさんは、耳から出血していると思い水から出ようとしました。友人たちは、すぐにデレクさんの元に駆けつけて話しかけましたが、友人の唇は音を出さずに動いていました。そして出血を確認するために、耳を触ってみましたが出血の痕跡は見られず、そのときになって音は全く聞き取れないことに気付いたといいます。

デレクさんは、この事故によって聴力の35%を失いました。また今でも、頭痛や記憶喪失に悩まされているといいます。

しかし代償として受け取った音楽の才能によって、現在、デレクさんはプロのミュージシャンとして活動。2枚のアルバムを発売するまでとなりました。

音楽の才能に気付いたのは、事故のすぐあとだったといいます。親友の家でキーボードを見つけたデレクさんは、キーボードの前に座り演奏を始めました。そのときには、触ったこともないキーボードの演奏法を完璧に分かっていたといい、即興で演奏した『メリーさんの羊』は完成された音楽でした。

デレクさんの頭の中では、24時間、音楽が流れ続けていますが、楽譜の読み方は全く分かりません。しかし鍵盤のどこにどのように指を動かすべきなのかは分かっているといいます。デレクさんによると、頭の中で音楽が右へ左へと流れる黒と白のブロックに見えているといい、そのブロックを指で押すことで音楽を演奏しているといいます。

デレクさんの症例を診察したメイヨークリニックの神経科医によると、デレクさんには1つの刺激に対していくつかの感覚が生じる「共感覚」が備わっているのではないかといいます。共感覚者は、文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりします。

残念ながら、デレクさんの場合、今後、サヴァンスキルが維持され続ける保障はなく、いつか消えてしまうかもしれないといいます。

頭を強打して音楽の才能に目覚めた男デレク・アマートでした。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 技術・実験, 文化, 科学 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)