宇宙飛行士はロボットの時代!?ロシアで開発された新型宇宙飛行士ロボット「SAR-401」が公開される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

もしかすると人間が宇宙飛行士を務めるのは時代錯誤なのかもしれません。

ロシア・モスクワ郊外にあるガガーリン宇宙飛行士訓練センター、通称「星の町」で11月27日、ロシアの最新人型ロボット「SAR-401」が公開されました。

Sponsored Links

今回開発された宇宙飛行士ロボット「SAR-401」は、遠隔操作によって自由に動かせるロボット。人間の上半身そっくりな体を持ち、5本の指を備えた腕があります。操縦者は、デバイスを体に装着し、ロボットに行わせたい動作を行うだけ。ロボットは、操縦者の動作に合わせて体を動かします。

映像では、ボールを持ったりボタンを押すといった複雑で繊細な作業もこなしています。

ロシアはアメリカ航空宇宙局(NASA)のロボノートに相当するロボット「SAR-400」も開発中で、こちらは2014年に国際宇宙ステーションに送る計画となっています。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)