旧日本軍の巨大潜水艦「伊400型」がハワイ沖で発見!!先進的技術を守るためアメリカ軍が沈没させた!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ハワイ大学の研究所は、第2次世界大戦後の1946年にアメリカ海軍によって沈められた旧日本軍の巨大潜水艦「伊400型」が、オアフ島沖の海底に沈んでいるのを発見したと発表しました。この潜水艦の技術が、核の時代の弾道ミサイル発射能力を持った米軍潜水艦に行き着いたといいます。

Sponsored Links

伊400型潜水艦は、オアフ島南西沖の深さ約700mの海底で8月に発見され、米国務省と日本政府に連絡した後に発表したといいます。

伊400型潜水艦は全長約120m。姉妹艦2隻と合わせて当時としては世界最大の潜水艦でした。燃料補給を行わずに世界のどこへでも到達できる能力を持ち、当初は米本土を攻撃することも想定。800kgあまりの爆弾を搭載できる翼折りたたみ式の水上機3機を格納し、事実上の潜水母艦としての性能を持っていました。

結局米本土攻撃には使われず、限定的に運用されたのみで1945年の終戦を迎えました。

今回見つかったのは、終戦時に米海軍が拿捕した日本の潜水艦5隻の中の1隻で、調査のためハワイに送られていました。しかし第2次大戦後に旧ソ連と米国との緊張が高まる中、伊400型の先進的な技術がソ連海軍の手に渡ることを恐れて、米海軍が沈没させたといいます。

米海洋大気局(NOAA)の専門家によると、同艦の斬新な設計は、それまで対艦兵器としかみなされていなかった潜水艦の用途を一変させるものでした。「第2次世界大戦後の潜水艦は、この方向で実験と設計の変更が行われ、核の時代の弾道ミサイル発射能力を持った米軍潜水艦に行き着いた」といいます。

ドキュメンタリー

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 乗り物, 国際, 建造物, 技術・実験, 歴史, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)