世界最大のタンカー型浮遊施設「プレリュード」が進水!!全長488mの巨大施設がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

韓国のサムスン重工業は5日、タンカー型の「世界最大の浮遊施設」が韓国南部・巨済島(コジェド)で進水に成功したと発表しました。全長は488mで、アメリカ・ニューヨークの観光名所「エンパイアステートビル」の高さを上回るといいます。

超巨大な施設が製造される様子をとらえた動画をご覧ください。

Sponsored Links

サムスン重工業の公報によると、このタンカー型の施設は天然ガス(LNG)の洋上液化設備(FLNG)で「プレリュード」と名付けられています。11月30日に巨済島で進水式が行われました。

自力航行機能は装備していないため「船」ではないとのことですが、幅74m、高さ110mの巨大施設の排水トン数は60万トン以上。世界最大級の空母6隻分に相当します。年間360万トンの天然ガスを液化でき、施設内のLNGタンクの貯蔵量は五輪プール175個分に相当します。

英蘭石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルの委託事業で、2016年9月の完成を目指しています。完成後はオーストラリア北西部ブルーム沖475キロm付近で操業する予定といいます。

過去、造船業といえば日本のお家芸でしたが、近年では家電などと同じように完全に韓国や中国に押されているようです。

あまりに大きすぎてスケール感が分からなくなりますね。恐るべき巨大建造物でした。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 乗り物, 国際, 建造物, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)