一歩踏み入ればそこは異世界!!つるはし1つで幻想的な岩石洞窟を作り出す彫刻家がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・ニューメキシコ州の岩石地帯には、現代のアントニ・ガウディと呼ぶべき男がいます。その男、彫刻家のラ・ポーレット(Ra Paulette)さんは、つるはしと手押し車だけで岩山の中に洞窟を作り出し、幻想的で官能的でさえある美しい彫刻を、日々施し続けています。

Sponsored Links

67歳になるポーレットさんは、大学中退後に米軍に所属するも脱退。その後、アメリカ全土をヒッチハイクで周り、郵便配達人、警備員、用務員、農家などのさまざまな仕事をしてきました。そして1985年、その後の人生を決める”彫刻家”という仕事に出会いました。

1985年の夏、シャベルを使って彫刻を掘ることを学んだポーレットさんは、井戸などを掘っていました、すぐに洞窟を掘るというアイデアを思いつき、そのまま始めました。

1987年には、最初の洞窟彫刻「Heart Chamber」を完成させました。この洞窟は、すぐに観光客で溢れ返りましたが、安全性の問題からすぐに埋められることとなりました。

その後は、芸術愛好家からの依頼に基づいて洞窟を掘削するようになりました。しかしいい加減な作品は作らず、インスピレーションが沸くまで仕事をしないというのが信条です。

これらの動画や写真の洞窟は、10年間に及ぶプロジェクトの集大成ともいえる洞窟です。最高傑作となるであろう彫刻洞窟は、つるはし、シャベル、手押し車といった簡単な道具しか使わず、全てが手作業で行われています。

これらの洞窟のいくつかは購入することも可能で、ニューメキシコ州にある208エーカーの土地付き洞窟は995000ドル(約1億円)で販売されています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 建造物, 技術・実験, 文化, 芸術 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)