戦争で腕を失った兵士が思い通りに動くハイテク義手「バイオニックアーム」を獲得!!イギリス初のハイテク義手使いに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

イギリス人兵士のアンドリュー・ガースウェイト(Andrew Garthwaite)さん(26歳)は、アフガニスタンでの任務中にタリバン兵士が発射したロケット弾が直撃し、右腕を失ってしまいました。しかし最新技術であるハイテク義手「バイオニックアーム」によって、再び思い通りに動かせる右腕を手に入れました。

Sponsored Links

アンドリューさんは、ハイテク義手の装着者としてイギリス初の事例となりました。

この義手は、装着者の考えを読み取って動作として実現できます。そのため、頭の中で腕をどう動かしたいのか考えるだけでその通りに動かすことができ、本当の腕に近い性能を発揮します。

この義手がちゃんと電気信号を読み取るため、アンドリューさんは肩で切断されている神経の配置を胸に移し変えるという手術を受けました。7時間に及んだ手術も無事成功し、今では義手を装着すれば自由に動かせるとのこと。

装着された最新義手は、卵やプラスチックコップといった柔らかなものも壊さず持てるといい、手首は360°回転します。この腕によってアンドリューさんは、これまで難しかった料理などの日常的な仕事もこなすことができるようになりました。

イギリス防衛省は、義手と手術のために6万ポンド(約1000万円)の費用を負担しました。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)