フランスで体内埋め込み型人工心臓の臨床試験を開始!!ドナー不足を解消なるか!?


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

フランスのバイオメディカル企業Carmatは20日、体内埋め込み型人工心臓の臨床試験を開始したと発表しました。ドナー(移植する臓器の提供者)不足の克服を目指しています。

同社の人工心臓は、既存の一時的な心臓の大体ではなく、長期的に心臓の代わりをするものといいます。

Sponsored Links

同社によると、18日にパリのジョルジュ・ポンピドー欧州病院で行われた手術は「成功裏に実施された」といいます。同社は、患者は集中治療を受けており、意識もあって家族に話しかけていますが、手術の結果についてそれ以上のことを述べるのは時期尚早だとしています。同社は手術を受けた患者の氏名は公表していません。

人工心臓は慢性心疾患の患者に一時的な手段として使用されてきました。心臓発作などで心臓を痛め、ドナー不足のために亡くなる人は多いといいます。

Carmatによると、欧米では10万人近くの人が心臓移植を必要としています。同社の人工心臓は、患者がドナーを待つことができる期間の延長と、入院患者の退院やさらには職場復帰さえ可能にすることを目指しています。

この人工心臓は重さ900グラムで、心臓の収縮を再現するためにポンプではなく柔らかいバイオマテリアル(生体材料)と数々のセンサーを使用しています。血液凝固や患者の免疫システムによる拒絶反応が起きるリスクを低減するのが目標です。外部電源あるいは身体に装着するリチウム電池を使用します。人工心臓の価格は約14万~18万ユーロ(約2000万~2600万円)とみられています。

この人工心臓は、フランスの心臓移植の世界的権威アラン・カルパンティエ教授と航空防衛機器大手の欧州防衛宇宙会社(EADS)との長年の協同事業で生み出されました。

仏保健当局は9月、この人工心臓の第I相の臨床試験4例を3カ所の病院で実施することを承認していました。少人数の終末期の被験者について、手術後1ヶ月後、あるいはそれよりも早くドナーが見つかった場合はその時点で、生存しているかどうか調べます。結果が良好ならば第II相の臨床試験に進み、20人程度の患者を対象に、安全性に加え、生活の質、快適性、副作用などを調べる予定。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)