インドの大気汚染が中国より深刻化!!冬に患者が急増し環境基準の10倍以上に!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

インドの首都ニューデリーで呼吸器疾患の症状を訴え、病院に駆け込む患者が急増しています。中国よりも大気汚染が深刻で、ニューデリーでは最大で年間1万6200人が早死にするとされます。気温の低下とともに、PM2.5やPM10など人体に有害な微小粒子状物質が地表近くの大気に滞留するためです。

Sponsored Links

内陸にあるニューデリーは12~1月、有害物質を含んだ濃い霧に覆われる。数十m先が見えないこともあり、航空機の遅延や欠航など交通機関への影響も大きいといいます。

世界保健機関(WHO)の統計によると、中国でPM10汚染が最も深刻とされ、2009年の年間平均濃度が1立方メートル当たり150マイクログラムの甘粛省蘭州市でさえニューデリーを下回ります。

インド政府機関によれば、ニューデリーでは10年、PM10の年間平均濃度は同261マイクログラムで、WHO環境基準の13倍。05年から2倍近く増えました。

冬季ではPM10の1日平均濃度が470マイクログラム、PM2.5が270マイクログラムを超える日が続きます。PM2.5のWHO環境基準は1日平均25マイクログラムで、ニューデリーの汚染はその11倍に当たる計算です。

国が発展する過程では、工業を推進して環境汚染を引き起こす歴史を繰り返しています。先進国としては環境負荷を抑えるように新興国に主張しますが、新興国は環境が悪くなってでも発展を優先させようとします。インドや中国以外の国も、今後、経済発展に伴って環境問題が深刻化することとなりそうです。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)