アメリカの19~36歳の若い世代「Y世代」はエコでネット接続の自動車好むことが明らかに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

デロイトが行った自動車に関する調査で、アメリカでは、「ジェネレーションY」と呼ばれる1977─94年に生まれた世代が、親の世代に比べ、より環境に優しく、インターネットに常時接続した車を好む傾向にあることが分かりました。

Sponsored Links

調査は昨年行われ、このうちアメリカの「ジェネレーションY」とされるのは677人でした。

それによると、19~36歳の「ジェネレーションY」のうち、代替エンジンを搭載した車を運転したいとの回答は半数以上となりました。また、ダッシュボードにスマートフォンを取り付け、走行中にアプリの使用が可能な車を好むとの回答も、半数以上でした。

一方、同世代は車にかかる費用をネックとして見ており、「費用が高額になれば車(の所有)を諦める」とする割合は、親の世代の約3倍となったといいます。

日本では、「若い世代の自動車離れ」と言われていますが、アメリカでも同じような状況が起こっているようですね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, 乗り物, 国際, 技術・実験, 文化, 生活, 経営・経済 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)