太地町のイルカ追い込み漁に非難の声!!ケネディ駐日大使「米国はイルカ追い込み漁に反対」とツイート!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

和歌山県太地町で行われているバンドウイルカの追い込み漁に、自然保護団体などから改めて非難が集中しています。また自然保護団体だけでなく政治家からも意見が飛び出しており、ケネディ駐日大使は短文投稿サイトの「ツイッター」で懸念を表明しました。

Sponsored Links

反捕鯨団体「シー・シェパード」は17日以降、イルカが入り江に追い込まれたとして、選別作業などの模様を実況映像やツイッターで逐一報告。「暴力的な選別で親子が引き裂かれ、一生捕らわれの身となるか、殺されるか、海へ追い返されるかが決まる」などと伝えています。

追い込み漁は、イルカの群れを入り江などに追い込んで捕獲する伝統漁法。2009年にアカデミー賞を受賞したドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」で、太地町の漁が残酷な風習として紹介され、国際的な批判の対象となりました。地元当局は当時、偏見に基づいた作品だと反論。合法的な漁法が批判される理由はないと抗議してきました。

日本では「一方的な見方」「日本文化への攻撃」などの意見が多く上がっていますが、海外では全く異なる見方をされており、政治家も動かしているようです。

ケネディ駐日大使は「イルカ追い込み漁の非人道性を深く懸念している」としたうえで、「米政府は追い込み漁に反対する」とツイートしました。

ツイッター上では、ケネディ大使の発言に賛同する意見が相次いでいます。米ロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズの元ドラマー、マット・ソーラムさんは同大使に「太地に残忍な虐殺をやめるよう迫ることができたら、世界の英雄になれるだろう」と応援のメッセージを送りました。

米女優カースティ・アレイさんも、「何百頭ものイルカが虐殺されようとしている。日本よ、この惨劇を止めて」と書き込みました。

日本ではほとんど報道されていませんが、海外では10日ほど前にも捕鯨に関する報道が行われ話題となっていました。

1月6日、海洋保護区内で日本の調査捕鯨船5隻を発見した反捕鯨団体シー・シェパードが、4頭のクジラが殺された証拠を得たと発表していました。

このとき5隻はシー・シェパードが追跡を開始したため、作業を中止して退避を始めたといいます。

捕鯨についての是非はありますが、それとは別に海外からどのように見られているのかをもうちょっと考えて、うまく立ち振る舞うべきかもしれませんね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 動物, 国際, 政治・法律, 文化 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)