4年間を費やして1人で自主制作した未来を描いたSFコマ撮りアニメ『Junk Head 1』がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

コマ撮りアニメは制作に膨大な労力を必要とします。そんな作品を1人で制作してしまった人が現れました。

今回は、堀貴秀さんが制作した遠い未来を描いたSFコマ撮りアニメ『Junk Head 1』の全編動画をご紹介します。

Sponsored Links

『Junk Head 1』は、遠い未来を描いたSF作品。すでに人間は生身の体を捨てており、永遠とも言える命を得た人間たちを描いた物語です。

世界最大の短編映画際であるクレルモンフェラン映画祭にノミネートされている作品ですが、今回、続編となる『Junk Head 2』の制作資金を集めるために『Junk Head 1』が全編公開されました。

30分以上もある作品ですが、非常にクオリティーが高く、コミカルな雰囲気や生々しいキャラクターたちの造形はコマ撮りアニメならではとなっています。

『Junk Head 1』は、全10話程を見込んだストーリーの第1話で、続編は2年間で1時間程度の作品を見込んでいるとのこと。さらに制作現場をとらえたドキュメンタリー映画を撮影し、この2本の映画で大きな映画祭を狙い、世界での上映も狙っているといいます。

続編を見たい方や映画の世界進出を応援したい方は、資金援助をしてみてはいかがでしょうか。

あらすじ

「遠い未来、人類は地球全土の化学物質や放射能汚染、オゾン層破壊による紫外線被害等の環境破壊の影響で遺伝子の崩壊が始まり滅亡の道を歩んでいた。影響を避ける為に生活圏を地下に広げていたが地下に閉じ込められていた太古のウィルス感染より人口は1/10に迄に減少。しかしウイルス遺伝子を利用した遺伝子組み換え技術の開発により、人類は不死と言える寿命を得た。

人体は分子レベルで無機物に転化し、呼吸も血液循環も必要無く微弱な電気刺激さえあれば頭部のみでも生存が可能になっていた。(ファッション感覚でボディーを変える事も流行しており、不要になった体はAI(人口知能)の頭部を乗せた作業員用として売却していた)ただ原子構造が安定しておらず10年に一度程度の原子配列の再構築が必要で、そのリセットさえ行えば永遠と言える寿命が見込まれているが、その代償として生殖能力を失った。

減少した労働力確保のためクローン技術による人間をモデルとした新たな生命の創造を始めたが、クローン達の反乱が始まり、長い争いの末に地表と地下で住み分けるという形で停戦状態のまま1200年の月日が流れていた。(しかし境界では常に小さな争いが有り、今回の主人公も攻撃を避けられなかった)

新たなウイルスの発生も有り人口は更に減少していき人類存続の危機を感じた人間社会は混乱していた。 そんな折地下に送った監視カメラに偶然写されたクローンに生殖機能の可能性を発見し、その調査を始めた。(当初頭数管理のためクローンには生殖遺伝子を組み込まなかったのだが)

地下に広がった空間の大きさ不明。

独自に進化したクローンの生態も不明。

しかし人類存続の為にその遺伝子情報がどうしても必要だった。」

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: アニメ・マンガ・ゲーム, デザイン, 技術・実験, 文化, 芸能 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)